東北工業大学地域ICT利活用コーディネート業務

新着情報

ICTを活用して課題を解決しませんか

RESOLUTION

東北工業大学は、宮城県から地域ICT利活用コーディネート業務を受託し、
昨年度からICTの利活用に関する相談窓口を開設しております。
各学科のノウハウや豊富な専任教員を活用するなどして、
ICTに関する相談を積極的に受け付けています。

本事業は、平成28年度・平成29年度「地域ICT利活⽤コーディネート業務」として宮城県から委託された事業です。

このようなことに
お悩みではありませんか?

このようなことにお悩みではありませんか?

ICTを利活用しませんか?
相談無料 相談窓口に連絡する

ICTとは?

ABOUT

ICTとは

よく聞く「IT」と「ICT」は同義語です
ITの概念をさらに一歩進め、IT=情報技術に通信コミュニケーションの
重要性を加味した言葉。情報通信技術のコミュニケーション性を
強調した表現であり、ネットワーク通信による情報・知識の共有を
念頭に置いたものです。

活用事例

CASE

クラウド・共有サーバーを利用

クラウド・共有サーバーを利用して社内のデータを共有できます。外出先でもアクセスしてデータを取得できます。

クラウド・共有サーバーを利用

グループウェアを活用

グループウェアを活用して社内のスケジュール管理、推進状況(タスク管理)を確認できます。

グループウェアを活用

ICタグを活用

食品販売等でICタグを使用してどこで誰が作ったものかトレーサビリティの管理を消費者に公開可能。より消費者に安心。

ICタグを活用

情報セキュリティの強化

会社の情報資産保護や信頼性向上のためにも、システム運用セキュリティ対策やネットワーク監視強化を継続的に行うことが必要です。

情報セキュリティの強化

こんなことがしたい

WANT

  • ICTで経営の効率化を図りたい
  • ICTを活用して業務改善や生産性の向上を図りたい
  • 6次産業化を推進するため
  • インターネットで積極的に情報発信したい
  • コミュニティの活性化にICTが利用できないか

「興味があるけどどうすれば良いか分らない」、「こんなことで困っているんだけど解決できないかな」などがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。専任のコーディネーターが相談に応じ、ともに解決策を見い出すほか、より専門的な課題には、本学の豊富な教員が応じます。どなたでもご相談ください。

ICTでこんなことがしたい

事業概要

SUMMARY

ICTの進歩はめざましく、産業や生活などの様々な場面に不可欠なツールとなっています。県内では個人、中小事業者には、ICTの利用度が低く、農林水産業、観光、教育、福祉などの様々な分野・事業にICTを効果的に導入することができれば、地方創生に向けたさらなる地域活性化が期待されます。

本事業は、ICTの利用度が低い分野・事業へのICTの普及を図り、生産性の向上を通じて、雇用の確保や地域の活性化、さらには、地域生活者の利便向上に寄与することを目的に実施します。

事業概要

相談フロー

CONSULTATION

相談フロー

TOPに戻る